ThinkingReedが大事にしていること

 
ビジネスを意識する

シンキングリードは「ビジネスをもっとスマートに!」を掲げています。これは開発の現場においても変わりありません。売上、利益を強く意識してより効果が高く、効率的な仕事のやり方を考えて実践しています。

技術に誇りを持つ

オープンソースのプロダクトを持ち、インフラからプログラミングまで幅広く深い知識が求められます。この環境で自らが学び得た技術力は他社では中々得られない大きなものであり、それに誇りを持ち、見合う仕事が出来るように心がけます。

製品開発

製品の改善や新製品の開発を重視しています。お客様に良いサービスを提供するためには業務知識や様々なノウハウも重要ですが、シンプルで品質の良いツールの提供も欠かせません。お客様からのフィードバックや自社利用を通してより良い製品開発を行います。

ThinkingReedのスタイル

エンジニアの取り組みをご紹介します

開発の効率化

エンジニアはプログラムを書くことで様々な業務を自動化することができます。シンキングリードはまだまだ小さい会社なので、働きやすい職場環境を目指し、日々エンジニアの効率化を目指し、その結果としてのアウトプットを大きくし、お客様に価値を提供したいと考えています。

幅広いエンジニアンリング

メインの製品開発以外にも様々なサービス、アプリ開発を行っています。PHP,MySQL等の言語だけではなく、スマートフォンアプリケーションやサーバー管理の技術を習得することができます。

お客様との距離感

お客様とコミュニケーションをとる際に、何がいつ必要なのか、重要度と早さを意識して話す事で、
信頼関係を築けるようにしています。

社内勉強会

社内全体のナレッジ向上を目的として、勉強会を開いています。
先日は弊社顧問、諏訪良武さんを講師にお招きし、「サービスサイエンス」をテーマに勉強会を行いました。
今までたくさんの企業のコンサルティングを行い、サービスサイエンスを探求してこられた諏訪さんのお話には、自社にまだ足りないものやこれからどう進んでいくべきかを気づかせていただきました。大分オフィスではサポート以外にもマーケティングも行っています。今回、サービスサイエンスについて学び、「お客様の事前期待に適合」できるものを提供していきたいと感じました。
セミナーの詳細はこちら

開発合宿

通常業務ではなかなか取り組めないことなどを開発合宿で実現しています。前回はOSSカレンダーのデザインや不具合を直すために2泊3日で合宿を行いました。1日目は移動と計画を詳細化し、2日目からほぼノンストップで全員でコーディングをしました。2泊3日の短い期間で完成まで持っていくことは大変難しく感じましたが、非常にチャレンジングな取り組みとなり刺激も多くありました。次回はハッカソン形式にして、1日目に作るものを決めて2日目に完成を目指したいと考えています。まだまだやり方などが固まっていない部分がありますが、色々試してみてより刺激的で楽しく、成果が出る取り組みにしていきたいと考えています。

ご質問・お問い合わせはこちら

メールフォームへ